2019年05月15日

息子への愛と強いタブー感に戸惑うはは

hah10wall.jpg

声優:淡雪
イラスト:GGぃ

アダルトボイスドラマ制作サークルMooNSHINeRの物語重視音声作品LOVEWhisper「はは」編第10作は、夢精した息子にオナニーを教えるうちに近親相姦にハマっていく若い母親の物語。

★☆★☆★☆★☆★☆ ご注意 ★☆★☆★☆★☆★☆

 この物語には膣による通常の性行為はありません。
 母子による、手コキ、フェラチオ・パイズリ
 そして、アナルセックスをお楽しみ下さい。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

父親が単身赴任しているあなたは、優しい母親と二人きりで生活している。
実際の年齢よりも若々しく、しかもかなりの巨乳である母親を内心、自慢に思っている。

ある日、あなたもついに精通する日が来た。
夢精による精通をしたあなたは、まだそれがなんなのかわからない。
もちろん、すぐに母親に相談する。

「変なオネショをしてしまった」
そう言うあなたに、母親は「心配ないわ」と語りかけ、そして。

あなたに、射精する方法を教えてくれる。
ペニスを扱いて、オナニーで性欲を処理する方法を、その手で直に教えてくれた。

それが、あなたと母親の、近親相姦の始まり。

大好きな母に気持ち良くしてもらって、自分で無駄にオナニーなどできるはずがない。
あなたは毎晩のように、母親に手コキを求め、様々な射精方法を求め、ついにはセックスを求めていく。

しかし、母は近親相姦へのタブー感が強く、あなたの求めに戸惑うばかり。
そして思いついたのが、アナルセックスという危なすぎるセックスの逃げ道。

童貞のあなたは、母とのセックスが肛門性交であることに気付かない。
それで満足していた……あなた自身は。

では、母は?
夫の単身赴任で、性欲を持て余していた妻は、息子の若い肉欲にいつまで抗うことができるのか。


●01
夢精したことを母に相談すると、心配ないと言われて一緒にシャワーを浴びる。
勃起が治まらないあなたに、オナニーの方法を教えてくれることに。
母親に手コキされて射精する快感を知ってしまう。

●02
息子に手コキしてしまったことを後悔するも、自分も興奮してしまう。
そして初めてのオナニーをしてしまい、その快楽に溺れて眠ってしまう。
半裸のまま寝ていたため、帰ってきた息子に欲情されてしまう。
オッパイに顔を埋めさせて、息子にオナニーさせることに。

●03
夜中、眠っている母の布団に潜り込み、オナニーを始める息子。
寝たフリをしようと思うものの、息子に起こされてしまう。
仕方なく手コキするが、息子の興味は乳房に。
パイズリ、そしてパイズリフェラで口内射精。
フェラの快感で興奮した息子は、母親にイラマチオで注ぎ込む。

●04
結局、週に一二度オナニー手伝いをするようになってしまった母。
ついにセックスのことを知った息子に、体を求められるがなんとかなだめる。
フェラチオして、パイズリフェラで口内射精。
それでも足りない息子に、最後にどうしてもセックスしたいと求められる。

●05
息子のことは愛しているが、夫に顔向けできなくなる、と悩む母。
どうしてもセックスしたいと懇願する息子に、アナルセックスを思いつく。
膣と肛門の違いに気付かれないよう、真っ暗な部屋でアナルセックス。
夫ともしたことのない肛門性交に興奮する母。
二度続けて腸内射精されて、とろけてしまう。

●06
オナニー手伝いとアナルセックスを繰り返す日々。
腸内の滑りを良くする為にローションを入れておくが、まずはフェラを求められる。
ローションが垂れる前に頑張ってフェラをするが、息子は我慢強い。
ついに母は自らアナルセックスを求め、息子にセックスの主導権を持たせてしまう。
アナルセックスなら近親相姦にならないと自分に言い聞かせるが、腸内射精の快感は、母の女としての性欲を昂ぶらせる。
そして母は、禁断の扉を開いてしまう……


合計時間 02:11:21(SEあり)

製品版は、SEなし/あり、の2種類がセットになっていますので、お好きな方をチョイスしてお聞きいただけます(内容によってSEのない場合もあります)。
キャラクター性や声質、物語の内容は体験版にてご確認ください。

ステレオ収録音源。
44.1kHz/320kbps mp3版 と 48kHz/24bit wav版。

脚本のtxtファイル。
パッケージ画像壁紙のjpgファイル。

BGMは含まれておりません。


FANZA 様
DiGiket.com 様
Gyutto.com 様
メロンブックス.com 様

posted by 久能祀里 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | はは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185999668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック