2020年04月12日

生意気でワガママだけど甘々エッチ大好きないもうと

imo32wall.jpg

声優:七奈
イラスト:夜風ジャパン

アダルトボイスドラマ制作サークルMooNSHINeRの物語重視音声作品LOVEWhisper「いもうと」編第32作は、年齢差のある童顔巨乳の妹との甘く蕩ける日々を描いた兄妹近親相姦物語。

あなたは何の変哲もない社会人。
平凡な人生を歩み、平均的な会社に勤める、恋人いない歴年齢という一般的な男。
しかし一つだけ普通と違う点があった。
それは、年の離れた妹がいること。

両親共働きだった頃、妹の面倒を見るのはあなたの役目だった。
それが嫌だったことなど一度もない。
妹は幼い頃からとても愛らしく、美人だった……もちろん、そうでなかったとしても、あなたの愛は変わらなかっただろう。
甘やかして育てすぎたせいで、とんだワガママ少女に育った今でも、あなたは妹を可愛がることをやめていなかった。

その愛は、妹にも十分過ぎるほど理解できていた。
だから、妹はあなたと結婚する以外の将来など、考えてもいなかった。

年頃になり、性の知識が付く頃から、あなたへのワガママは一段とエスカレートする。
兄と妹だけど、結婚すること……その前に、最高のエッチをすること。

妹からの甘く蕩けるようなワガママに、あなたは抵抗する術を知らなかった。


●01
休日、家族団欒の昼食後、おやつにクレープが食べたいと言い出す妹を連れて、車で家を出る。
しかしその行き先は、クレープ屋ではなくラブホテル。
セックスしたいと言う妹にたぶらかされたあなたは、家ではできないから、とホテルを選択する。
ようやく初体験ができると喜ぶ妹。
キスされて、愛撫されて、さらに生で手コキ。
あっさりと射精したあなたは、射精は一回しかできないから、とセックスを避ける。

●02
射精は一回しかできない、という嘘はすぐに見破られ、妹は拗ねまくる。
しかし、両親のいる家でセックスはしない、というのは固い約束。
それは納得してるものの、嘘をつかれたことは許せない。
愛の証を見せてもらうというコトで、部屋でこっそりと手コキ。
可愛く意地悪に攻め立てられるが、妹の手コキはもどかしい。
あなたはつい、自分で扱いてしまって妹の顔にぶっかけてしまう。
顔射して、精液を舐めてもらい、逆に興奮が抑えきれなくなりそうに。

●03
学校行事で遅くなった妹を車で迎えに行き、そのままラブホへ直行させられる。
今日こそは絶対に初体験するという妹に押し切られ、あなたも覚悟を決めた。
巨乳を愛撫し、正常位体勢に。
避妊するあなたに不満顔の妹だが、さすがに生ではできない。
そして避妊セックスでの初体験。
あまりの快感に、痛がる妹に激しく攻め込んでしまう。
タガが外れたあなたは、時間の許す限り妹とハメ続けた。

●04
激しい初体験だったことを、ずっとからかってくる妹。
あなたは謝罪するばかりだが、やはり家でのセックスは禁止。
セックスじゃなければいいのなら、と言ってフェラチオしてくる妹。
その口内に思い切り中出しして、精液を飲んでもらう。
セックスができなくてもあなたを喜ばせてあげられる、と微笑む妹の可愛さに情欲が抑えきれない。

●05
やはり妹の方も性欲が抑えきれず、生理前でムラムラしてしまう。
静かにするから一回だけセックスして欲しいと懇願してくる妹に、あなたも抑えきれなくなる。
ただし、コンドームは装着。そしてバックでゆっくりとハメる。
妹の膣は気持ち良すぎて、動きを抑えることはできない。
妹も絶頂を覚えて、本当に声を抑えられている自信はなかった。
事後、たっぷりと出したザーメンコンドームを見たがる妹。
性欲を気持ち良く解消して、もう一度入浴して部屋に戻る。
そして妹は、自分の部屋のセックス臭にギョッとする。

●06
やっぱり家でするのは良くないね、と言うことでラブホテルへ。
二人でお風呂に入って、パイズリフェラを楽しむ。
そのまま浴室内で騎乗位セックス……部屋に避妊具を取りに戻るのは面倒だから、とあなたを説き伏せて生ハメする妹。
生の膣の快感に抗えるはずもなく、盛大に中出ししてしまう。
それでも、一回膣内射精しただけで妊娠したとは限らない、と言って続きをねだる妹に、あなたは頷くことしかできなかった。


合計時間 02:13:18(SEあり)

製品版は、SEなし/あり、の2種類がセットになっていますので、お好きな方をチョイスしてお聞きいただけます(内容によってSEのない場合もあります)。
キャラクター性や声質、物語の内容は体験版にてご確認ください。

ステレオ収録音源。
44.1kHz/320kbps mp3版 と 48kHz/24bit wav版。

脚本のtxtファイル。
パッケージ画像壁紙のjpgファイル。服装差分あり。

BGMは含まれておりません。


FANZA 様
DiGiket.com 様
Gyutto.com 様
メロンブックス.com 様

posted by 久能祀里 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | いもうと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187373502
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック