2022年02月19日

私語夜話〜こいびと03〜「婚約者になった幼なじみと」

SYkss03wall.jpg

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    本作品は全編バイノーラル録音によるハイレゾ音源ボイスドラマです。
    是非、ヘッドフォンやイヤフォンにてお聴きください。
    48kHz/320kbps mp3版 と 48kHz/24bit wav版 を同梱。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

アダルトボイスドラマ制作サークルMooNSHINeRの立体音響音声作品「私語夜話(ささめきやわ)〜こいびと〜」シリーズ第三作。

あなたの恋人は家が近所の幼なじみ。
とても清楚でかっちりとした和風美人。
学校では風紀委員に勤しんでいる真面目な女性で、教師たちからも一目置かれた優等生。
ちょっと堅苦しいところはあるものの、人当たりは良く友人たちからも信頼されている。
しかし、そんな彼女にはあなたしか知らない一面があった。

とても性的好奇心が旺盛……つまり、ドスケベだと言うところ。

二人きりになると途端に性欲を剥き出しにするムッツリスケベな彼女に、あなたは日々迫られ、セックスを求められてきた。
しかし彼女以上に生真面目なあなたは婚前交渉を拒み、抗ってきた。

そこで彼女のとった手段は、あなたと婚約すること。
結婚の約束をしてしまえば、もはや夫婦と同じ。
つまり、セックスは夫婦の営みとなり、やりたい放題に!

隠れ清楚系ビッチな彼女に迫られ、ヤられてしまう日々をどうぞお楽しみください。


●01
あなたと彼女の婚約が決まり、両家の挨拶を済ませたその夜。
早くセックスしたくて仕方ない彼女に迫られ、愛撫され、服を着たまま射精させられてしまう。
そんなあなたのズボンを脱がし、精液まみれのペニスをしゃぶり、フェラチオで追加射精。
婚約者になり遠慮のなくなった彼女からのセックス要求がエスカレートしていく。

●02
学校帰り、彼女に家に寄ることに。
当然セックスを求められるが、まだ抵抗心をなくしていないあなた。
彼女も負けじと手コキからのフェラチオ。
大量に射精するあなたを見て、更にセックスへの期待を高める彼女だった。

●03
学校での放課後、風紀委員会の会議を終えて二人きりの時間。
教師も他の生徒もいない室内で、あられもない要求を繰り返す彼女。
そのオッパイを見せつけられ、さわらせられ、しゃぶらされる。
あなたの理性もそろそろ限界になりつつある。
それを見越した彼女は、セックスを求めながら前戯のさわり合い。
お互いの性器を愛撫し合い、そしてあなたは射精させられる。

●04
ついに折れたあなたは、学校での初体験を選ぶことに。
騎乗位で迫る彼女を迎え入れ、婚約者セックスで生ハメ。
最初は彼女にリードされるが、一度射精しているあなたには余裕がある。
最後は彼女を突き上げ、ご希望通りの中出し。
もちろん、初体験の一度で満足するような彼女ではなかった。

●05
校内でのセックスにハマった彼女に求められ、女子トイレへ。
対面座位で生セックス。そして彼女のオッパイを堪能する。
誰も来ないトイレで、静かにしかし激しく求め合う。
中出しで絶頂する彼女のエロさに、あなたももう性欲が抑えきれなくなっていた。

●06
学校帰り、自分の部屋で遠慮なく声出しセックス。
パイズリフェラをしてくれる彼女に、まずは口内射精。
そして正常位で生ハメして、膣内射精。
恋人ではなく婚約者だからこそできる中出しを何度も楽しむのだった。


合計時間 01:46:48(MP3/SEあり)

製品版は、SEなし/あり、の2種類がセットになっていますので、お好きな方をチョイスしてお聞きいただけます(内容によってSEのない場合もあります)。
キャラクター性や声質、物語の内容は体験版にてご確認ください。

バイノーラル(KU100)収録音源。
48kHz/320kbps mp3版 と 48kHz/24bit wav版。

脚本のtxtファイル。
パッケージ画像壁紙のjpgファイル。

BGMは含まれておりません。


声優:波野夏花
イラスト:かまた


FANZA 様
DiGiket.com 様

posted by 久能祀里 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【私語夜話】こいびと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189346175
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック